07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議の国のアリス 2 (2011/3/10)

2011.03.24 *Thu
キャスティング

Alice;Sarah Lamb
Jack/The Knave of Hearts;Federico Bonelli
Lewis Carroll/The White Rabbit;Jonathan Howells
Mother/The Queen of Hearts;Tamara Roho
Father/The King of Hearts;Gary Avis
Magician/The Mad Hatter;Steven McRae
Rajah/The Caterpillar;Eric Underwood
The Duchess;Simon Russell Beale
Vicar/The March Hare;Ricardo Cervera
Verger/The Dormouse;James Wilkie
The Cook;Kristen McNally
Footman/Fish;Sander Blommaert
Footman/Frog;Kenta Kura
Alice’s Sister;Beatriz Stix-Brunell Iohna Loots
Butler/Executioner;Philip Mosley

サラ・ラム、フェデリコ・ボネッリのコンビで踊るアリスでした。

サラ・ラムが予想以上に良かった!この人、悲しい役どころよりも明るくてかわいいキャラクターの方が合うと思います。もともとのお顔が美人のせいかちょっと冷たい印象を与えるけれど、口を大きく開けて笑ったりする顔なんかは非常にかわいらしかった。子どもっぽさはカスバートソンの方があったかな。

踊りは安定していてキレイでした。特にピルエット(片足をひざにつけて回る)は淀みなくスルスルスル~っと回っていて、回りながら片手をあげたり両手を上げたりしてもバランスが崩れることなく、美しく回っていました。
黒髪のカツラをよく似合っていたよ!

IMGP3212.jpg

ボネッリもいいですね。

なぜか私は彼を過小評価していたみたいだけど、この人って顔もカッコイイし、表現力はあるし、背も高いし、踊りもキレイで、意外と何でもそろっているダンサーなんだなーと思いました。

2幕の裁判のシーンでのソロの踊りはすごく良かった。ボネッリが「ぼく無実です」っていう顔で踊っていると本当にそんな気がしてくる!証言席に詰め込まれた帽子屋はじめ芋虫や料理人なんかも、二人の踊りが終わると、ぽわわわ~んとほんわか気分になって、拍手なんかしちゃって(笑)。私もそんな気持ちになるような美しいパドドゥでした。

マッドハッターのマクレーに本日は大注目。

彼のミュージカリティはホント、すんばらしいです。タップの音ってちょっとでも音楽からずれると、耳障りに聞こえることがあると思うけれど、彼は音楽にぴったり合わせてタップを踏んでいました。これは本当にすばらしかった。まるで帽子屋さんのマクレーがセリフを言っているみたい。
IMGP3209.jpg

そんな帽子屋さんのことが大好きなのか、セルベラの演じる3月ウサギは帽子屋さんにべったり。踊っているときも寄り添って踊るし、踊っていない時は腕を組んで帽子屋さんに持たれたり。しまいにはカーテンコールの時すら、腕を組んでいて笑ってしまいました。

二人で手に手を取って社交ダンス風に踊るシーン(もっと音楽は早くて踊りも機敏)がありますが、そこはセルベラらしく、体の動きがキレキレで、マッドハッターのタップの音とともにイカレたお茶会のせわしない雰囲気がよくでていました。

このブログを読んだことがある方はご存知かと思いますが、わたし、マクレーとセルベラに目がないんです。この二人、私にとっては垂涎もののコンビ。

さて、ハートの女王、タマラ・ロホです。

あんなかわいいタマラがコワイよ。

ローズアダージオのパロディのところ、普通にキレイでした(笑)。背が小さめだから、男性ダンサーとのバランスもそれほど悪くなかったし(ゼナイダはやはり「デカイ」ところが面白さの大きな要因なんだなということを再確認)。
しかし、倒れた女王を支えるため、結果リフトをされてしまうっていう振付はゼナイダもやっていたかしら。。。次回要確認です。

タマラのこだわりなのか、バランスを崩したり転んだりするシーンも本当に美しくて。バランスを崩す前にバランスするという何ともおかしなパラドクス。こういう良さはタマラならではの踊りですね。
あと、転んで開脚の縦バージョンになった時のつま先がすごーーーーくキレイだったのに驚きました。
タマラがいることで良い意味でバレエらしさが出るけれど、ゼナイダの時に比べて笑いの量は半分以下だったように思います。
この役、今後だれが引き継げるかしら。。私の中での候補はローラ・マカロックとか、クリスティン・マクナリーとかかなー。
とにかく演技が出来る人じゃなくちゃだめですね。

そうそう、最後のカーテンコールでタマラに渡された花束、赤いバラの花束でしたが1本だけ白いバラが入っていました。タマラ怒ってた!おかしいわ、ホント。
IMGP3213.jpg

今回のアリスは全部でたったの5公演しかやりません。今回評判がよかったらすぐに再演してくれるのでしょうかね。
子どもも楽しめるイギリスらしいエンターテイメントだと思います。
IMGP3207.jpg
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 緑の中の白い家 -バレエ日記- All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。