FC2ブログ
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンキホーテ(ボリショイ)のキャスティング

2011.02.23 *Wed
3月6日のボリショイのドンキホーテのキャスティングが発表されていました。

この作品は前回のくるみ割り人形やジゼルと同様、世界同時に映画館に配信される予定です。

Kitri (Dulcinea) Natalia Osipova
Basilio, a barber Ivan Vasiliev

きゃっほーい。ゴールデンコンビでドンキが見られます!
3732727146_aebe60f936[1]

昨年夏、私はこの二人のドンキホーテを見て(過去の更新)、本当に、本当に驚いた記憶があります。
人間の体はこんなに反るのか、こんなに跳ぶのか、こんなに速く回るのか、こんなに移動するのか、などなど、その常人離れした二人の肉体にぶったまげました。

あの感動をふたたび!
スポンサーサイト

COMMENT

heidilampsさんの興奮が伝わってきて、さっそく調べたところ、
日本ではボリショイのドン・キホーテの公開はなさそうです…
でも、こんな機会があることは初めて知ったので、
せっかくだから観に行くのもいいかも♪と思いました。
素敵な情報をありがとうございます。
2011/02/25(金) 09:27:56 | URL | tteatt #- [Edit
Re: タイトルなし
ふふふ、つい興奮してしまいまして…。

映画館でバレエなんて、と思っていましたが、以前くるみ割り人形を観た時は十分楽しめました♪

日本では白鳥の湖が公開されるとか。
私はボリショイの白鳥はもうずっと見ていないのでわかりませんが、
きっとものすごーく美しいんでしょうね。

むかしむかし、20年くらい前にテレビでボリショイの白鳥が放送され、
そのビデオを何度も見ていたことを思い出しました。
オデット役のダンサーが赤い(いや、朱色に近い)口紅をびちっと引いていて、
強く印象に残っています。
「すごいくちびる…」と当時は思っていましたが、昔のバレエのメイクってすごく濃かったですよね。
2011/02/27(日) 21:25:57 | URL | heidilamps #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 緑の中の白い家 -バレエ日記- All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。