FC2ブログ
12
1
3
4
6
7
10
11
12
13
14
16
17
18
21
23
24
25
26
27
30
31
<< >>

This Archive : 2010年12月15日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングリッシュナショナルバレエのNutcracker(2010/12/11)

2010.12.15 *Wed
やはりこれを見なければ冬って気がしないっ!

私にとっての冬の演目は、やっぱりくるみ割り。シンデレラよりもね。このオープニングを聞くと、「ああ、そろそろクリスマスがやってくる~」という気分になります。

そんなわけで、ENBの本拠地、London Coliseumへ行ってきました。ここはこじんまりしているけれど、なかなか雰囲気のある劇場です。
IMGP2644.jpg

中も豪華ですてきです。
IMGP2645.jpg

ENBのくるみ割り人形は、私が観た回が4度目の公演。今までの演出から大きく変更です。去年ENBのくるみ割りは、クララが赤い髪のカツラを付けて踊っていたり、雪の国に行かず、冷蔵庫から氷の精みたいな人たちが出てきたりと、大変斬新な作りでした…。それはそれで面白かったのですが、クラシックな作品もやっぱり見てみたいと思うのが、観客心。

そんな私の気持ちを満たすように、今年はクラシックなくるみ割り人形をみせてくれるようです。


キャスティング

Clara as a child;Lowri Shone
Clara;Elena Glurdjidze
Nephew;Arionel Vargas
Nutcracker;Max Westwell
Drosselmeyer;Fabian Reinmair

振付;Wayne Eagling


1幕。

クララ役のローリちゃん。
すばらしいの一言です。小さめの大人が踊っているのかと思ってしまうほどでした。足がとてもきれいでした。素早いジャンプをしてもちゃんとつま先がぴしっと伸びていて、惚れ惚れです。見習いたいっ。

踊りだけでなく、ちゃんと演技もしていて、そこにも驚かされました。
途中ソロの踊りの時に頭につけていたリボンが落ちるというハプニングが。そのリボンはあとでネフュー(ちゃんと名前があったらいいのにね)に渡す大事なリボンです。踊り終わると落ち着いて拾い、その後クララのお友達と歓談するシーンでさりげなくお友達に付けてもらっていました。そのあたりが実に自然でした。子どもなのに動じないのね~。立派だなー。

その他、フレディというクララの兄弟の男の子を始め、たくさんの子どもたちが出ていましたが、みんなちゃんと演技をしていて感激してしまいました。子どもが頑張っているところを見ると、ついつい涙腺が緩くなるお年頃です。


雪の精の踊りは全体が揃っていて、とても美しかったです。前で踊っていた日本人の女の子、たぶんカセシオリさんという方だと思いますが、きびきびしていて気持ちのいい踊りっぷりでした。


2幕。

1幕終わりに、気球に乗って雪の国を後にし、2幕になってたどり着いたのはお菓子の国ならぬ、なんか小さな芝居小屋のようなものがあるところ。
どうやらお菓子とは関係ない模様。最後も金平糖の精ではなく、クララがあこがれのネフューとパドドゥを踊るという設定です。

その芝居小屋からスパニッシュダンサーやチャイニーズ、足笛などが登場してダンスを見せてくれました。

驚いたのはアラビアンダンス。
なんと奴隷が登場、先日のヌレエフ版ロミオとジュリエットに登場した意味不明の坊さんを彷彿させる禿げカツラです。メインは男性1人と女性4人のダンサーで、よくみるバージョンは大抵女性一人なので、随分違った踊りに見えました。

足笛は、1幕で登場したクララのお姉さんが踊るという、初めてのパターンです。
他のバレエ団もやっているのかしら、これにもちょっと驚きました。クララのお姉さんとその取り巻き?のような男性3人がコミカルに踊ります。足笛は大好きな音楽と踊りなので、ほんのちょっぴり期待と外れてしまいました。

そして花のワルツ。
たくさんのダンサーがところ狭しと踊っていました。実際舞台も狭そうです。何度も陣形が変わり忙しそうです。あんまり音楽に合っていなかったのが残念でした。


最後はクララとネフューのパドドゥ。

クララ役のエレナはコーダのフェッテで、途中から前にアチチュードをしながら回っていました。これ出来る人ってどんな体してんだろうって思っちゃいます。さすがロシア系です。

ネフュー役のアリオネルは安定感のあるダンサーです。体も大きくてジャンプが映えます。ソロのピルエットも余裕を持って終わらせてキレイでした。限界に挑戦とばかりにぐるぐる回ってバランスを崩すより、美しく終わらせる方が私は好きです。

二人のフィニッシュが音楽に合ってたら、もっともっと良かった!


この作品のMVPは間違いなくローリでしょう。ブラボー。

あれ、それにしてもドロッセルマイヤーの存在感が薄いわ~。2幕のあたり、彼がもう少し解説してくれたら、物語も分かりやすいのになーーー。

おまけ。
我が家のくるみ割り人形くんです。
IMGP2651.jpg

(左横のアンケートにご協力ください♪)
スポンサーサイト

Copyright © 緑の中の白い家 -バレエ日記- All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。