10
2
3
5
7
8
9
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2010年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミックスビル(2010/10/30)

2010.10.31 *Sun
今回のミックスビル、2回目を鑑賞してきました。

【La Vales】

キャスティングは前回とほぼ同じ、カスバートソン、キッシュ、小林ひかる、エイビス、クロウフォード、平野亮一です。小林さんは前回変更されていたので、今回が初めてです。

この舞台全体がとても好きです。
これはやっぱり群舞の圧倒的な踊りが舞台全体を盛り上げているように思います。舞台狭しと多くのダンサーが多方向に踊り合う、でもそれらは全て揃っていて全体を眺めるとちゃんと統一されている雰囲気がすごく良かった!
カスバートソンは相変わらずきれい。上半身がとても柔らかくしなやかでした。


【Invitus Invitam】

前回と同じキャスティング。


【Winter Dream】

今回の目玉はこの作品でした。はじめてこの作品の良さが理解できました。

キャスティングは、以下の通り。

Olga;Mara Galeazzi
Masha;Marianela Nunez
Irina;Laura Morera
Vershinin;Carlos Acosta

やっぱりヌニェスの表現力は世界一。この人は一瞬の表情で観衆を作品の世界にグッと引っ張り込む力があります。最後のパドドゥには感動させられました。ヌニェスの官能的な表情は忘れられない。愛しているのに離れなくてはならないマーシャの気持ちがよく伝わってきたように思います。やや喰い気味で拍手してしまいました。

アコスタも久しぶりに見ましたが、衰え知らずです。美しい。踊りがダイナミックなのに雑にならず。首から背中がとてもきれいだと思います。基本的にバレエで背中の反り(特に後ろにアチチュードしたとき)が美しいのが私のつぼなんですが、アコスタは男性なのにその格好がとってもきれいです。

その他、ローラモレーラ演じるイリナも良かったです。モレーラがやると哀愁が加わって役柄に深みが出るように思います。最近私の中でモレーラ株が急上昇。

【Theme and Variations】

メインはタマラロホとセルゲイポロニン。
これは期待できる人選ですっ。そして期待通り、期待以上の素晴らしさ。

タマラの技術は本当にスーパー。クルクルよく回るときは絶対にぶれないし、バランスさせたら絶対ぐらつかないし、すごいなあ、ほんとすごいなあ。ほんと。なんか彼女にはプリンシパルの貫禄を感じます。

ポロニンも良かったー。どれだけ跳ぶんだってくらい高く跳んでました。高く跳ぶのに同時にすごく高く足あげてるし(横のシソンヌ)、かつキレがあって音楽に遅れないし、さすがでした。彼の良さがよくわかる作品だと思います。

その他、チェユフィはやっぱりきれいでした。この人も手の動きがとても美しいです。柔らかくて滑らかな動きは全てスムーズにつながっていました。踊りも軽やか、羽のようです。
最後にタマラを真ん中にユフィ、茜ちゃん、メンディザバル、レインが前に進んでくるんですが、足を大きく上げながら進む5人が迫力がありとてもきれいでした。

2回目も大満足のミックスビルでした。

(右横のアンケートにご協力ください♪)
スポンサーサイト

Copyright © 緑の中の白い家 -バレエ日記- All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。